FC2ブログ

三原麻里の日々奮闘日記! Mari Mihara Organist's diary.

ようこそ!オルガン弾き三原麻里のブログです。【演奏会情報】はカテゴリーの「演奏会情報」からどうぞ(随時更新中)!I'm sorry, this diary is written in only japanese. For the concert's informations, please chek the article below 【Concert's infomations】.

旅行記2

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

旅行記の第2弾です!

ちょっと話はとびますが…。
コマンジュと涙のお別れをしたのち、
数日後に行ったのは
サン・セバスチャンという
スペインの街です。

ヴァカンスを楽しむ人でにぎわっていて
お店もいっぱい!
超都会だ!笑。

しかも見て下さい!この海!

さんせば1



あまりの美しさに着衣のまま飛び込みそうになるほど…。

ここで5日間の講習会がもたれましたー!

19世紀フランスにアリスティド・カヴァイエ=コルという一人の天才的な
オルガン建造家がいました。
彼の作ったオルガンは、大革命以降
衰退していたフランスオルガン界に、
再び隆盛をもたらすきっかけとなりました。

フランク、ヴィドール、ヴィエルヌ、デュプレ、トゥルヌミール…etc…

彼らは皆、カヴァイエ=コルのオルガンでもって作曲しているので
彼らの音楽を理解するためには
カヴァイエ=コルのオルガンを知るのがてっとり早い方法の一つです。

カヴァイエ=コルはフランス全土はもちろん、
イギリス、スペイン、アメリカ、南米までオルガンを作りに行ったのでした。
カヴァイエ=コルのオリジナルの楽器が残っているのが
このサンセバなのです!!

この楽器でフランクを弾ける幸せ…。。。。

特に中身はない旅行記ですが、
オルガンをいくつかご紹介!

↓サンセバから車で30分くらいの町Azpeitiaにあるイグナチオロヨラ大聖堂にある
カヴァイエ=コルオルガン。

さんせば3


↓そこからまた車で走っていったAzkoitiaという町にあるカヴァイエ=コルの
最後の作品(らしいです)。

さんせば2


サンセバスチャンの街にある
santa maria del coro教会で講習会生によるコンサートをしたのですが、
さっきその録音を聴いて
若干ショックをうけました…。
へたくそじゃん…。。。

でも、本当に沢山の素敵な体験ができました。

またぼちぼち
旅行記を書きつづっていくつもりなので
どうぞ気長にお付き合いくださいませ!

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miharamari.blog104.fc2.com/tb.php/22-09b0093f