FC2ブログ

三原麻里の日々奮闘日記! Mari Mihara Organist's diary.

ようこそ!オルガン弾き三原麻里のブログです。【演奏会情報】はカテゴリーの「演奏会情報」からどうぞ(随時更新中)!I'm sorry, this diary is written in only japanese. For the concert's informations, please chek the article below 【Concert's infomations】.

スポンサーサイト

Posted by 三原麻里 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐセヴィーリャ

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

きゃーーー。今週末はもう二月ではないですか…!!おーまいぐっどねす…

このごろ、オルガンに関係ない記事ばっかり書いていましたが、
オルガンも弾いておりますよ、廃業してませんよ…。

2月11日はスペインのセヴィーリャ、LOS VENERABLES HOSPITALというところで
コンサートをします。

コンサートカレンダーを見たら、なーんにも詳細情報が載ってない…
一年前にプログラム提出したのに…悲しい…;つД`)
http://www.focus.abengoa.es/web/es/calendario/concierto_110214

コンサート、20h30に始まるんですねぇ。遅いですねぇ…。

皆様には呆れられるかもしれませんが、
こうやってインターネットサイトで始まる時刻やら、会場の教会の名前を確認したりします。
有難い時代です。

意外とオーガナイザーとのやりとりで、そういうところが抜けてたりするんですよね。
しかも、今回はシレーっとスペイン語でメールが送られてきたりね。

スペイン語、わかるようでわからん。
google翻訳さまに英語かフランス語に訳して頂いての、大意把握。
何か細かいところが間違ってたりして。恐怖~~~

しかし、ツアーも二年目に入ると、それくらいのことでは
動じなくなってくるのが不思議なものです。

幸い、まだ航空便を逃したハプニングはありませんが。
あともう少し…半年、何事もなくツアーを終えられますように。

ネタになる!とかいらないので…お願い~~( ;∀;)ふぁぁー



スポンサーサイト

雨の日の一枚

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

今日のカンは雨です。
ノルマンディーらしい、どんよーりとした曇り空。

アタマがズキズキ、ボーっとしがちなこんな日は、
家でおいしいコーヒーでも淹れて、家のお掃除するに限ります。

そんな日のBGMにピッタリのアルバム。

Return to YouReturn to You
(2007/06/05)
Sara Gazarek

商品詳細を見る


サラ・ガザレクのretun to you。Dear someoneが好き。

彼女のしっとりした歌声がこんなちょっと湿気た日でも
居心地のいいおうちにしてくれます。カフェ風?(笑)

たとえばこんなのもコーヒーが二倍おいしい。



上のアルバムには入ってないけれど
有名なラブソング(多分ラブソングに分類されるんだと思う)、
彼女のyou are my sunshineも素敵です。



さーて。練習もせねば~!!



R.I.P クラウディオ・アバド

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

先日、指揮者のクラウディオ・アバドさんが亡くなったそうです。

マエストロ・アバドについて、何かコメントめいたことをするのも気がひけるので
こんな記事がありましたよ。と。
http://www.asahi.com/articles/ASG1P21V5G1PUCVL001.html

そして、これを聴いて頂きたいです。
マーラーの交響曲五番のアダージェット。

そのタクトから繰り出される、極上の絹の織物のような精密な音楽…
香炉から煙がくゆるように、その空間にたちのぼる香り豊かなアダージェット。




R.I.P.




電磁波を撃退する

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

今日、友達が草くれました。草…なんてゆーの?この子?

携帯、PC、タブレットと電磁波まみれの私を心配してくれたようです。
なんでもこの草が電磁波を吸収してくれるんだとか…
ありがたう♡♡♡

ちゃんと植え替えたりすると、モサモサ大きくなるみたい。
おっきくなあれ♡

2014011707223702d.jpg


「そして父になる」

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

この週末、カンでお初の映画鑑賞をしてきました。
カンヌで審査員賞を受賞した是枝監督の「そして父になる」。

60席ほどの超ミニシアターで、入場料は6,50ユーロ。
そういえば10年前にこんな雰囲気の有楽町ミニシアターで
(多分、今は無きシネラセットciné la sept)、
「さよなら、クロ」を観て号泣し、涙とまらないまま映画館を出て、
向かいのマツキヨで買い物したなー…なんてことをつらつらと思い出しておりました。

時間帯のせいか、邦画のせいかわからないけれど、中高年のご夫婦連れが多かったです。
しかも予告が始まってから、すごい人数の人が入ってきてパチリと照明がついて、
風立ちぬの予告が始まりそうになったとこで突然止まった!

と、思ったら、映画館のお姉さんが入ってきて、
「人が沢山入ったので電気つけて中断しました。もう一回予告を見直します?
それとももう映画観ます?」と尋ねるユルさに驚き!!

そしてもういいよー本編観よう!と提案するメダム エ メッシュー!
えー、風立ちぬの予告が見たいよう…という私の心の声はかき消され、
本編上映に突入。ゆるい。ゆるいです…

映画自体は良かったですね。
フランス語の字幕がつくから、ふーん、なるほどね、
こういう風に訳すのねー。なんて思ったり。

最後、泣いてたのは私だけだったような気がしますが。
家族モノにはめっぽう弱いもので…(/ _ ; )

パリならともかく、カンという田舎町(といっても県庁所在地ですけど)でも
自国の映画が観れるということにひそかに感動しました。
誇らしいことですね、やっぱり。

もうすぐ公開の風立ちぬも楽しみだなー!!!
良い気分転換になった週末でした♪


多分、私が見損なった風立ちぬの予告編はコチラ





新年

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

ブログを訪れて下さった皆様、寒中お見舞い申し上げます。

今年は更新頻度を高めていきたいと思っておりますので、
何卒ブックマーク登録から外さないで下さいませ´д` ;

さて、ロンドンに住んでいる友人から、年越しの瞬間の素敵写真を頂いたので貼っちゃうぞ。




この花火、YouTubeで動画があがってたのですが、何やら演出がオシャレ。

ロンドンアイ(観覧車)が火吹いてますね…。
ロンドンオリンピックの時も思ったのですが、なんだかロンドンってオシャレ。

というわけわからないシメですが、本年も何卒よろしくお願い致します!!
皆様にとって、素敵な一年になりますように!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。