FC2ブログ

三原麻里の日々奮闘日記! Mari Mihara Organist's diary.

ようこそ!オルガン弾き三原麻里のブログです。【演奏会情報】はカテゴリーの「演奏会情報」からどうぞ(随時更新中)!I'm sorry, this diary is written in only japanese. For the concert's informations, please chek the article below 【Concert's infomations】.

スポンサーサイト

Posted by 三原麻里 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぱーふぇくと

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

昨日のアシスタントは、
われながらパーフェクト!!

まんせー!


カザルスのアシスタントは、本当にいつも大変なものが多く
どのアシスタントの思い出も忘れがたいです。

これから、あのオルガン君がどうなるかわからないけれど、
これで彼とは、しばらくお別れ!
有終の美が飾れて良かった!


M先生が作ってくださった、タマゴ雑炊がやたらおいしかった。
Happyニュースもあり、楽しく更けゆく夜。

かなり久しぶりの人とも再会できたし。素敵な音を浴びれたし。
本当に楽しい一日でした!!あ~幸せ☆

かざるす

スポンサーサイト

3月

Posted by 三原麻里 on   1 comments   0 trackback

3月、ヒマな様相を呈していたのは中旬まで、
どんどんもとの生活ペースに戻りつつあります、有り難たやありがたや。
願わくは体重がもとに戻らんことを。


この頃立て続けに色んな演奏会やらマスタークラスやらに行けていて(ヒマだったから)、
なんというかある意味非常にオルガン漬けでした。

・ダニエルロート氏マスタークラス(faites a la francaise!)
・ロート氏リサイタル(シュルピスの音がする!!)
・柳沢さんのメシアン(鳥が…!!!)
・ブリンドルフさんマスタークラス(ほんとにすんばらしい先生だった、デンマーク行く?)
・ハルモニウム初弾き(楽しすぎる、ハルモニウム、チェンバロよりハマリそう)
・勝山さん原田さんリサイタル(もはやすごすぎて宇宙、驚きすぎて三階から転げ落ちそうになった)
・カザルスBCJ(明日アシがんばります)

そして
カザルス331に当選した~!!わぁ~い!!
たまにはごほうびごほうび…


友人のリサイタルをふってしまったことになるけど(ごめん~)
友人さとみもどうぞよろしく!
マーラーとか研究しているアルトっ子です


2010年3月31日(水)
18時30分開場/19時開演

岸七美子&渡邉智美
ジョイントリサイタル
~日本声楽家協会 研究員リサイタルシリーズ vol.2~

谷中会館初音ホール(JR日暮里駅、東京メトロ千駄木駅より徒歩10分)

自由席でチケットは2500円


http://www.jvf.gr.jp/shop/1_94.html

カザルスホール 3/31

Posted by 三原麻里 on   4 comments   0 trackback

東京・お茶の水なるカザルスホール。

ご存じの方も多いと思いますが、今年3/31をもって使用停止になります。
その後のホールの行く末はまだ何も決まってないそうです。

カザルスホールに入っているオルガンは
北ドイツの銘器、シュニットガーオルガンを修復した
アーレントの手による楽器です。

本当に、東京…いや、日本の中でも五指に入るだろう銘器です。


カザルスホールはアットホームなサイズの空間で、
私も大好きなホールでした。
このホールが使用停止になるということは、
最悪の場合、このアーレントオルガンの音は
もう聴けなくなってしまうということです。
そうなってしまったら、本当に残念なことだなぁ…と思います。

このホールのサイズに合わせてオルガンは作られているので
単に楽器を移築すれば済むという話ではないのです…残念ながら…。

カザルスホールのプロデューサーをつとめてこられた
中村ひろ子さんが、使用停止になるその最終日に
演奏会を企画されました。

興味をもたれた方、ぜひこの演奏会へ足を運んでみてください!!
(抽選らしいけれども…!!)

カザルスホール331

2010年3月31日(水)18:30開演
日本大学カザルスホール
[出演]
 水野均(オルガン)、横坂源(チェロ)、伊藤恵(ピアノ)

[曲目]
 第1部:オルガン[18:30から]
  J. C. F. フィッシャー:シャコンヌ ヘ長調
  J. S. バッハ:いと高きところでは神にのみ栄光あれ BWV 662
  J. S. バッハ:前奏曲とフーガ 変ホ長調 BWV 552
 第2部:チェロ&ピアノ[19:15から]
  J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV 1007よりプレリュード
  M. ストロッパ:「そう、そこが問題だ」
  シューマン:幻想小曲集 Op. 73
  J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第4番変ホ長調 BWV 1010
  ベートーヴェン:チェロソナタ第5番ニ長調 Op. 102-2
全席当日指定=3,000円(往復ハガキまたはメールで申込)
主催:カザルスホール331実行委員会


■チケットのお申し込み方法

●往復ハガキ(またはEメール)で下記の事務局までお申し込みください。
  記入内容 ①ご希望枚数 ②合計金額(3,000円×ご希望枚数)
       ③お名前・郵便番号・ご住所・TEL・メールアドレス
  締切   3月20日(土)
  *応募者多数の場合は抽選の上、結果をハガキまたはメールでお知らせいたします。
●入場料は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
  結果をお知らせしたハガキ(またはメールを印刷したもの)をお持ちください。
  入場料と引き換えに、座席指定券をお渡しします。
  *お席はお選びいただけませんので、何卒ご了承ください。
●送付先
 〒101-0062 
 千代田区神田駿河台1-6 日本大学カザルスホール内
 カザルスホール331実行委員会
 Email:casalshall331@gmail.com

_____________________

祭りのあと。

Posted by 三原麻里 on   2 comments   0 trackback

オリンピック閉幕してしまいましたね。
祭り好き女としては、なんとなくうっすらとしたさみしさが残る…

このバンクーバーオリンピックは人生史上初というくらい、
テレビ観戦しました。笑。

様々な種目の、様々な選手を見て思ったことは、
「パーフェクト」ということがいかに難しいか。

オリンピックという、ギリギリの精神状態で
4年間積み上げてきたものをいかに出し尽くすか。
その日の天気も、自分のコンディションも
雪も氷も刻一刻と変化していくなかで。

演奏家も、演奏会のなかで自分のベストを尽くせるかの
集中力にかかっていると思うのですが。
選手たちの戦いぶりを見ていて、
ひたすら感服するばかりでした。

とにかくすごい…。
私たちが選手たちにエールを送っていたようですが、
実は私たちが選手たちから
沢山のものをもらった気がします。

この頃、学校が休みなのでたるみにたるんでいますが、
こののらくら生活に終止符を打ち!ストイックに
前進していきたいと思います!

次のソチオリンピックまで
私も、4年間、頑張るぞ~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。