FC2ブログ

三原麻里の日々奮闘日記! Mari Mihara Organist's diary.

ようこそ!オルガン弾き三原麻里のブログです。【演奏会情報】はカテゴリーの「演奏会情報」からどうぞ(随時更新中)!I'm sorry, this diary is written in only japanese. For the concert's informations, please chek the article below 【Concert's infomations】.

スポンサーサイト

Posted by 三原麻里 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

あっという間に2009も終わろうとしていますね。

この12月は、風邪にやられっぱなしでした…。
まだそんなに寒くないというのに。。。

さて。2009年は、本当に無我夢中で過ごした年でした。


★1月
エッスル氏講習会と新年会で一年が始まる。
著作権概論のレポートを必死で書く。笑。

★2月
ガスト氏に感銘。
水戸で小フーガとあんこう鍋。
マニフィカト。
北とぴあ。

★3月
パリに行ったなぁ。
コラール合宿!
ヨハネ。。。

★4月~6月
ひたすらTAに追われる。。。
カザルスのアーレント。
アシスタント月間。
静岡。

★7月~8月
南仏~スペインの旅。エリック氏に惚れる。
サン=サーンス「オルガン付き」

★9月
もう一回、サン=サーンス。
新潟でマントゥー氏。
音研センターでひたすら蔵書整理。
モーツァルト「雀のミサ」

★10月
今度はオルガン研究室の蔵書点検。
修士リサイタルがやばいことに気づく。
ラトリー氏!

★11月
修士リサイタル。
これまたアシスタント月間。

★12月
クリスマスに追われる~!!
メサイア
いわき


いやーこうやって並べてみると
今年は意外に、「通低」年だったのかも。
苦手なのに。

とりあえず、ヨハネ受難曲とメサイアだし。
来月は、バッハのh - mollミサだし。
これで、マタイ受難曲やったら、結構すごいかも。笑。
でもうまくなった気はちっともしない。。。のはなぜ・・?
とりあえず、来月の h - mollミサを頑張ろうっと。。。


色んな人と、色んなオルガンと出会えて、
さようならしなくちゃいけない人もいたけど、
でもやっぱりこうして、生かされていることに感謝。

 「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。」

これほどシンプルで、でも難しいことはないのだと実感する。
でもでも、そうありたいと願う限り、
不可能はないのだと思います!

希望は、希望を捨てたとたんに
不可能になっちゃう。

だから、2010。

感謝して、前を向いて、一歩一歩、進んでいきたいです!!


 Je vous souhaite une bonne et heureuse annee !!

スポンサーサイト

静謐。

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

「静謐」

という言葉が好きです。

「せいひつ」という言葉の響き自体が「静謐」だなぁと。

そしてそれを視覚化していたのが
平山郁夫氏の絵だったように思います。

私が学部に入学した時は、まだ平山氏は学長でいらして、
入学式の式辞で、「今日はこれから北朝鮮に向かいます」と
おっしゃっていたことしか記憶にないのですが。

でも、なんだか、さびしい気がしています。

私も、あの絵みたいに
心がシーンとするような、
無音すぎて、かえっていろんな音が聞こえてくるような
そんな境地の音楽がかなでられたらいいな。

なーんて、思ったのでした。

おまけ。昨日の有楽町。

091202_204027.jpg

12月!!

Posted by 三原麻里 on   4 comments   0 trackback

今年は本当に暖冬だなぁと実感する日々ですが。。。。

今日は良いお天気で。
練習室にこもってるのももったいないくらい!

黄色く色づいた銀杏が、青い空に映えて
まばゆかったです。

091201_084823.jpg


12月の演奏会情報です!

12/6(日)10:30~12:00 クリスマスコンサート @聖イエス会ソフィア教会
12/20(日) 10:30~12:00 クリスマスカンタータ @同上
12/22(火)芸大メサイア *チケット完売
12/23(水)14:00~15:00 クリスマスオルガンコンサート @カトリックいわき教会

ピアノ弾いちゃったり。
いわきは福島ですが。。。
しかも電子オルガンですが、あなどることなかれ。
スピーカーを上部後方に置いているのでなかなか
響きが良いのです。
生オルガンをいれることのできない地方都市でも
オルガン音楽を楽しんでいただける機会になったら
とても嬉しいことなので、
頑張ってきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。