FC2ブログ

三原麻里の日々奮闘日記! Mari Mihara Organist's diary.

ようこそ!オルガン弾き三原麻里のブログです。【演奏会情報】はカテゴリーの「演奏会情報」からどうぞ(随時更新中)!I'm sorry, this diary is written in only japanese. For the concert's informations, please chek the article below 【Concert's infomations】.

夢のひととき

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

サンシュルピスでの演奏が終わりました

なんて素敵な楽器で演奏できたんだろう…
夢のようなひとときでした

憧れの楽器を弾いて
なんだか魂が抜けてしまった

たのしかったーーー!


詳細はまた…!


st.slupice





スポンサーサイト



Sens サンスでの演奏会 その1

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

八月ですね。皆様、暑中お見舞い申し上げます。

今週末にはイタリアはラヴェンナに向かい、その数日後には
フランス;トゥールでの演奏会という、
降れば土砂降りな日程となっております。

常々、演奏会の波って、どうして偏って集中するんだろう…と不思議でなりません。

先日、サンラザール駅で荷物を盗まれるという
もうズドーンもズドーンな出来事が起こりまして
まあ私もいけないんですが、精神的に結構落ちています。

こんなんでイタリアに行ける気がしないんですが、
まあ行かなきゃいけませんよね、仕事ですからね…


気を取り直して、過去の演奏会の報告です。
7月13日はSens サンスという、パリから電車で一時間弱ほどの街での演奏会でした。

ここの楽器が面白くってですね…

ペダルをご覧ください。
sens_pedale



………ん…????????


ペダルの…低音が…なんだか多い!!


pedaleその2


この黄色の部分、つまりドよりも下の鍵盤は、普通はありません。
どうやら、フランス古典(1600年代頃のフランスのオルガン音楽のジャンル)の様式の名残のよう。

非常に興味深いオルガンなのですが、
ですが、ですがっ。

意外に、鍵盤が普段よりも多いと、
バッハのフーガなんかを弾いていると、非常に怖いのです。

というのも。このペダル鍵盤は、低音の方が若干中央部分よりも、間隔が広くて、
どうしても目視確認が必要になってきます。
すると、集中して弾いているのに、普段見慣れない鍵盤が目に飛び込んでくると
わわわっ!間違った音弾いてる!( ゚Д゚)と瞬間的にパニックに陥るわけです。

オルガニストに必要な資質の一つとして、初めての楽器に素早く順応する、というものがありますが
(なぜなら、オルガンの鍵盤は一つたりとして同じサイズではないし、鍵盤の順序なんかも違うから)
さすがに、これはコワすぎる…

ということで、私が考えた解決策。どーん。
サンスのペダル3

紙で隠す!!…まったくヒネリも何もありません。
が、こんなんでも通常運転に戻れるから、私も成長したものだと思います。
自画自賛。自分を褒めてあげたい…!!

まあ、ピアノのベーゼンだって黒く塗ってありますからね!!
↓(参考画像)
ベーゼン 黒塗り


次回へ続きます。




Long 5月11日

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

先日、フランスピカルディー地方のLongという小さい小さい村で演奏会をしました

よく見えないですね…でも、フランスの北の方。
4long
フランス人も知らないというくらい小さい村。
でもそんな辺鄙なところに素晴らしい楽器があったりするからビックリです

逆に言えば、辺鄙だから楽器が残ったというのもあるかもしれませんね
ピカルディー地方も、私が住むカンがあるノルマンディー地方と同じく
戦争で街々が焼けてしまった地方なのです

Longでの演奏会のためにはアブヴィル Abbevilleという近くの街に滞在していたのですが
その街にもその昔はカヴァイエ=コルの楽器があったんだとか。
でも戦争で焼けてしまって、大聖堂も半分のサイズで残っていました…

こういう何も残っていない街を訪ねると、どうしようもないし
その街に住んで、街を誇りに思っている方々には失礼かもしれないけれど
どうしようもなく悲しい気分になります…うぅ

さて。

Longの村の中心にあるSt.Legerという教会。
3long

この中に、どーん
1long
とってもきれいな状態で残っているカヴァイエ=コルの楽器。
1877年に作られたオルガンらしいです

二段鍵盤、20ストップ弱くらいの、そんなに大きくない楽器ですが、さすがの音色。
特徴的だなぁ、素敵だなぁと思ったのが
Grand-orgueにあったViolon celleの16フィート。
手鍵盤にこんなストップがあるのが珍しい。

弦楽器を模したストップ、カヴァイエ=コルは美しいものが多いですが
ここのものも非常に洗練された音色でした。


演奏会は、こんな感じでスクリーンに映し出されちゃいましたよ
2long
スクリーンってなんだか余計に緊張しちゃいますが…


こういう素敵な楽器に出会えると、本当に幸せです♡♡♡





セビリア

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

セビリアから帰ってまいりました。

セビリア、さすがに南国でした。
街路樹がオレンジ!
orange

街がオレンジの香りでいっぱい。


そのうちに詳細書けたら…なんて思っていますが(と言って、書けたことがない)
とりあえず、こーんなオルガンで弾いてきましたよ~

セビリアグレンツィング

そう、なんとスクリーンで演奏者を映し出す演奏会。
このタイプの演奏会って、緊張するんですよねー。
水とか途中で飲めないし。
↑日本だと当たり前ですね


LOS VENERABLES HOSPITALという、観光名所の一つでもあるチャペル内での演奏。
hospitalというのは、その昔、病気になったり、引退された神父さまたちを
看病したり、いわゆる老人ホームのような役割をしていたところだったそうです。

とっても落ち着いていて、素敵なところでした。

セビリアはムリーリョがおもに活動した場所だったようで、
ムリーリョの絵も展示されていましたよー

本当にこんなところ、自分の個人旅行ではなかなか訪れられないので、
なんて幸せ者なんでしょうね(*´▽`*)
かんしゃかんしゃ。


セビリア旅行記、続く(多分)。



シャルトルとオルレアン

Posted by 三原麻里 on   1 comments   0 trackback

日本の酷暑の頼りが届いてきますが、みなさんお元気でしょうか…。

夏のコンサートツアー前半戦、終了しました。
まだ始まったばかりなのに、なんだかボケボケしてしまっています…。

オルレアンの楽器が素晴らしかった!!
カヴァイエコルの楽器が修復されて残っているのですが、
本番中に、楽器の奏でる音が美しすぎてとろけそうになっていました。
こんな楽器がなかなか出会えるものではありませんね…。

こんな美しい楽器でフランクのコラールと、ヴィドールのオルガン交響曲を弾ける幸せ!
神さま~~ありがとう~~!涙

オルレアンのオルガン↓
orleans
(写真クリックで画像拡大します)

オルレアンと言えば、ジャンヌダルクの街ですね。
ジャンヌダルクの像がある観光の中心のマルトロワ広場が工事中で、
ジャンヌダルク像がほとんど見えなかったのが、唯一の残念なことでした。

さて今週からは怒涛の一週間。
15日はLaon、18日Carcassonne、20日Narbonneと続きます。
健康第一に!頑張ります!!