FC2ブログ

三原麻里の日々奮闘日記! Mari Mihara Organist's diary.

ようこそ!オルガン弾き三原麻里のブログです。【演奏会情報】はカテゴリーの「演奏会情報」からどうぞ(随時更新中)!I'm sorry, this diary is written in only japanese. For the concert's informations, please chek the article below 【Concert's infomations】.

スポンサーサイト

Posted by 三原麻里 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHI RA TA KI!!!!

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

久しぶりの投稿がこんなんでいいのか迷うのですが…

今日、スーパーで
しらたきを見つけました!
ウィ!SHI RA TA KI!!

おいしいかな♡ワクワクドキドキ!こんな気持ち久しぶり♡(*'ω'*) ワクワク

ダイエットフードやらサプリやら扱っているコーナーに
置かれていたし
パスタより90%カロリーオフ!って書いてある。
ってことは、きっとダイエットにいい…という触れ込みなのでしょうね。

それにしても…しらたきはパスタの代わりになり得るのか…


スポンサーサイト

コワンcoing

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

友達のお母様から庭の木から取れた
コワンという果実のジャムを頂きましたー!

美味しいんだ、これが。

コワンってこんな果実↓
コワン2

多分、花梨の仲間?っぽい?
喉にいいですよねー?って聞いたら、そんなこともなさそうだったので違うかも。

この前、レストラン行ったら
デザートにコワンが出てきて
フルーツとして食べるよりは
ジャムの方が美味しいな、と思った次第…。

コワン1

庭を維持するのは大変だけれど
庭の果実でジャム作るとか、なんだか本の中の世界みたいで
ちょっと素敵。


最近、食べ物の記事しか書いてないなぁ…
いや、リサイタルに向けてがんばってますよ!!




キノコ。その名は「死のトランペット」

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

いつのことだったか…。
友達(フランス在住)がフランス人たちとキノコ狩りに行ったそうです。

フランスの秋の楽しみの一つと言えば、キノコ狩り(らしい)。
早朝、森の中でキノコを求めてウロウーロ。

その中でも黒いキノコが、名前はわかんないけど
すっごい美味しかった!!!と
友人が興奮気味に話していたのが印象的で、
キノコ好きな私としては一度食べてみたいものよ。と思っておりました。


先日、スーパーに行ったところ
秋の味覚コーナーがありまして。
なんと黒いキノコがあるではありませんか!!

おぉぉぉ~~これのことだったのかしら!!といそいそと買ってみる私。
イマイチ商品名がわからないけれど
まあいっか、と秤で野菜を量って値札を貼ってくれるおばさんのところへ。

「えーと、これはLes trompettes de la mortだったかしら」
「…(…ホワッツ?)えぇ、多分そうです」

なんだか今、スゴイ名前を聞いたような気がする…

Les trompettes de la mort
=死のトランペット

もう一回言います。

「死のトランペット」


こわっ( ;∀;)

なんという名前!
確かに見た目は黒くて、ラッパっぽい形をしているけれども!

でも食べてみました、ワタシ。
フランス人にオムレツにしたらいいんじゃない?と言われたのでオムレツにして。

ええ。美味しかったです♡
とってもキノコの香り。
死ななくてよかった♡


でも友達が食べた黒いキノコと同一のものかどうか
まだ真相は明らかではないけれど…。


こんな感じで生えているらしい…。
確かにトランペットっぽい。

trompette de la mort




最近のおいしかったもの一挙出し!#フランクフルト編

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

先週、フランクフルトまで友人に会いに行ってきました。
食い道楽な私たち。

フランクフルトは、ビジネス街なので、まあ見所がそんなにあるわけでもなく。
しかも来たのが初めてではない、というのが
これまた美味しいもの探しに拍車をかけるわけでして。
それはそれは良く食べました。(帰ってきたその翌日は胃痙攣起こしました。あは)

とりあえずカラスミスパゲッティを食べに行こうー!と
Risotrante Sardegnaというレストランまで。

イタリアンです。サルデーニャ地方の家庭料理らしいです。
サルデーニャってどこよ、って思って調べたら
コルシカ島南にある、地中海の島らしい。

まあ、とにかく見て下さいな!


まずはカラスミとルッコラのサラダ。
サルデーニャ3

アンチョビとパルミジャーノのピザ。
サルデーニャ2

カラスミと大海老のパスタ。
サルデーニャ1

パスタはカラスミのすりおろしが振りかけてあります。

これだけ食べたら、そりゃ胃もびっくりしますよね…
でもそれはそれは美味でございました。

いちいち、具が大きい&味がしっかり。


日本人もよく来るらしく
日本語メニューもあるし、店員さんも「はい」「おいしいー」とか
ポツポツ日本語言ってました。

しかも、色々取って皆とシェアして食べたい日本人に慣れているのか
最初から、取り分けて盛ってくれていました。
こんな気遣いができるお店が欧州にあるとは…!

…どんだけ日本人がいっぱい来るのよ!!

フランクフルトに行くことがあって
カラスミが食べたい気分にかられたら
こちらへどうぞ。


Ritorante Sardegna
Fahrgasse 84, 60311 Frankfurt
http://www.ristorante-sardegna.de






ハロッズのコーヒー

Posted by 三原麻里 on   0 comments   0 trackback

あのですねぇ。
最近はもうオルガンと関係ない話ばかりしていますが。

去年、ロンドンに行った時に、缶が素敵、と思って買ったこちらのコーヒー↓
(なぜハロッズでコーヒー?普通紅茶じゃないの?とは良く言われるし
ごもっともなんだけれども、紅茶よりコーヒー派)
harrods founders choice
これが、私の好みにどストレート

缶の能書きによると
「100%アラビカ豆に、ケニヤ豆のスッキリとした柑橘類の味わい、
コスタリカ豆の新鮮なフルーツの香りのブレンド。
ハッキリとしたナッツとチョコレートの香りが最後に残ります。
ミディアムローストで、シルキーな口当たりと
程良い酸味が、一日中いつでも素敵なコーヒータイムを提供します」
(結構意訳)


実はこのGWは(フランスも「橋」le pontと言って、連休にする人が多い)
ロンドン→クロアチアのドブロヴニクと
ヴァカンスしていたのですが
このコーヒーを買って帰りたいと思っていたのです

でも缶ばっかりあってもねー置く場所ないしねー…ということで
粉だけ買えませんか?とハロッズの店員さんに尋ねてみたら
ありました!ありましたよ!!

紅茶の量り売りの横のコーナーで
こぢんまりとコーヒーの粉も売ってました!!きゃうー♡

しかも缶代が結構高かったのね、という感じのお値段。
ブランドモノですからね、スーパーで買うよりは高いです。
でも、たまにのご褒美タイムには手頃な値段です。
300g1000円くらいかな?

普段どうやってコーヒーをいれているのか尋ねられて、
合わせて豆を挽いてくれたのですが。
あぁぁ豆で持って帰りたい…
いつか、将来、コーヒーミルの道具を買おうと
心ひそかに決意した食いしん坊なのでした

いいなーロンドナーはこんな美味しいものがすぐに手に入って…( ´Д`)
(完全にないものねだり)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。